仮に太陽光発電の見積もりという案。

東京都知事選挙によって原発・脱原発派と世間は賑やかになりました。
原発は危険だから駄目、脱原発は生活を揺らがすから駄目と単純な論理では
犬も喰わないのですが、世間の70%位は単純な論理で動きます。
例えば原発推進派の意見を総括突き詰めると電気料金価格に焦点が。
脱原発派は管理の出来ない事への懸念といった所でしょうか。
日本人は判断は下すが案を出さないと言われます。
原発問題はそれを浮き彫りにしている様です。
もしすぐに太陽光発電の見積もり価格がグリッドパリティできるのなら双方は納得するでしょうか。

Leave a Reply