派遣業許可の云々より派遣の必要性とか。

グローバル社会で競争は必須で、富は努力の結果、
努力をしたからこそ贅沢や幅の効かせも当然良い。…
さてこれは本当でしょうか?
個々の能力は努力によって伸ばす事が可能ですが限界が存在します。
そしてその限界はDNAによって異なり、この世界に必要な能力に特化した人と劣った人が出て来ます。
この差が努力では埋める事は不可能です。
先天的能力主義は世界で否定されます。
何故なら成功者は努力で勝ち得たと思うから。
日本でも派遣の問題がありますが、これは構図が似ていると思います。
しかしこれらは一方が悪い訳ではなく、仕組みが問題です。
派遣業は許可が必要ですが、そもそも派遣の必要性を、
社会は偏った能力主義の改革が必要だと思います。

Leave a Reply