真性包茎を治療する流れをステップごとにわかりやすく解説

真性包茎の治療は、初心者であってもわかりやすいです。
治療そのものに関しては時間がかかりませんし、即日で帰宅できるものが大半です。
真性包茎の治療の流れがわかりやすいのは、保険の適用を受けることができたり、治療の必要性があるものとして認識されていることとも関連しています。
自由診療で受けなくても良いので、独自の流れや治療方法が蔓延っているわけではないからです。
実際に、無料相談から始められるものもありますし、相談できる窓口も広いので安心です。
自分が利用したいと考えるクリニックを見つけた後は、きちんとその流れを把握することから始めましょう。

相談や予約をしてカウンセリングを受けよう

真性包茎で悩みを抱えている患者は、その状況を他人に伝えることそのものに苦痛を感じる人も多いです。
クリニック側も、そういった患者側の事情をきちんと把握していますので、他人に知られないような工夫をしてくれていることが一般的です。
例えば、事前予約を行ってから来院するように対策をしているクリニックも非常に多いです。
例えば、診察室で他の患者と鉢合わせをしたりすると、お互いにとっても非常に気まずい状況になってしまいます。
こういったことにならないようにするために、来院をするときに予約を取っておくシステムを採用することで、他の患者と鉢合わせないように対策をしているクリニックがあります。
個室の待合室を準備しているところも多いので、他人の目を気にする人であってもまずは安心できると知っておくことです。
そして、実際に来院をするとカウンセリングを行ってくれます。
陰茎の状態を客観的に把握して本当に治療が必要なのか、そしてどういった悩みを抱えているのかの相談に乗ってくれます。
特に、男性の場合は女性の看護師に見られることも恥ずかしいと感じる人が多いので、カウンセリングの段階から全て男性のスタッフだけを準備しているところもあるため安心です。

患者に応じた適切な治療プランが立てられる

真性包茎の治療では、全ての患者に対して一律に治療法が提供されているわけではありません。
クリニックによっては、カウンセリングで患者の状況を見極めて、それに見合った最適なプランを提供してくれるところが非常に多いです。
実際に、カウンセリングを行うときには男性のカウンセラーが立ち会うことが一般的で、その人から状況を確認してもらうことになります。
治療を行うときに生じるリスクなどについても、ここで全て教えてもらえますので安心です。
診療カウンセリングが終わると、そこで得られた情報を元にプランを立てていくことになります。
費用の支払い方法なども、このときに話し合うのが普通です。
現金払いで行うのか、それとも月々にクレジットカードなどを用いて払うのかなどを決めていきます。
そして、プランを決めて患者が納得をした段階で治療が行われます。
基本的に、治療期間に関しては即日で帰宅できる程度の時間が一般的です。
所要時間については、平均して30分から60分程度で終わらせることになりますので、他のケガ出と比較しても身体で大きな負担になることはありません。
麻酔を利用して治療を行いますので、痛みを感じることなく治療を終えられます。

アフターケアを継続的に行おう

真性包茎の手術は、手術を行ってそれで終わりというわけではありません。
良いクリニックほど、アフターケアを大切にするからです。
これは、真性包茎の治療の流れに特徴が存在するからです。
元々、真性包茎は包皮と亀頭が癒着することで生じるものであるため、外科手術を行うことで亀頭をきちんと露出させられるように対策を施します。
このとき、確かに治療を行っている最中には麻酔を利用するため痛みは生じません。
しかし、麻酔が切れてくると手術を行った箇所に痛みが生じることもありますので、この部分をケアしていくことがとても重要になります。
加えて、真性包茎の治療の場合には、亀頭部分がそれまでとは異なった刺激を受けることになりますので、この刺激にも慣れる必要があります。
実際に、手術を終えて経過観察を行うときには痛み止めの医薬品を処方してもらえますので、それを服用しながら確認していくことが重要です。
治療後に行われる再診料については、無料で行ってくれるクリニックも多いです。
手術のアフターケアについては、保証の一環として費用に含まれていることが多いので、結果的に高い費用にはなりません。
安心して、治療ができるように考えられています。

まとめ

真性包茎を治療するときには、相談からアフターケアまで一貫して医療制度が整っているクリニックが非常に多いです。
それだけ、真性包茎については悩みを抱えている患者も多い現状があります。
現実的にも、真性包茎の特徴から患者に対して最大限に配慮しているクリニックはとても多いです。
他の患者と触れあわないようにしたり、できる限り相談をしやすい環境を作ることで、ストレスのかからない状態を作ってくれています。
費用面についても、治療の前に必ず提案をしてどういった部分で必要になるのかがわかりやすいので、初めてでも全く問題になりません。

参考サイト